2007年04月24日

猫の「さぶ」

「さぶ」の前に「くろ」の話をしたいと思います。
「くろ」は初めからガリガリの病弱の状態でグランマの家に
やってきました。

お医者さんに行ったら診断結果は「エイズ」でした。
人間もエイズになると末期は見るに見かねるといいますが、
猫だって同じです。
ガリガリになって、目ヤニやヨダレが凄いことになり、
口の中や節々が痛くて食事もできません。
痛み止めの注射や薬をもらって死ぬまでを何とか苦しまずに
生きていくだけなんです。
毛艶が悪くなって洗っても汚い風貌で・・・
「くろ」は結局ほかの猫ともかかわることができないので
ずっと檻のなかで生活をしていました。
もちろん、数ヶ月前に亡くなってしまいました。

さて、
「さぶ」ですが・・・
「さぶ」はまりりんが産まれた時からもともと半野良猫の生き方
をしていたのに、なぜかまりりんが赤ちゃんの時からなついて
くれて、まりりんの最初の猫友達です。

で・・・「さぶ」の本題。

「さぶ」がエイズになりました。
「さぶ」はその前にも人間のいたずらで長い自慢の尻尾が
まるでウサギのように短く切られたり・・・と不幸の多い猫です。
が、とても人懐こくてコロコロしたかわいい猫だったんです。

それが、しばらく見ないうちに「クロ」かと思うほど
やせ細り、汚くなり、やはり口が痛いらしく何も食べないで
静かにそばに寄ってきました。

sabu.jpg

エイズは猫同士では移るようですが、
「クロ」からもらったものではないようです。
どこか、よそからもらってしまったのですね。

ママりんは痛々しくて見ていられません。
ママりんとグランマは何匹の飼い犬飼い猫を看取ったのかしら・・・
ママりんは、べりぃが死んじゃったときに受け入れることが
できるかしら・・・


posted by ママ at 16:04| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。