2008年02月18日

救急医療に物申す

散々なバレンタインデーを送った・・・

2月13日、友人あいちゃんと食事をし、帰宅・・・
夜、11時くらいに急に体に発熱を感じ熱を測ったらまだ37度、
しかし、体の寒さといい芯の熱感といいこりゃぁやばい!
と、とりあえず自宅にある薬を飲んで寝る。

2月14日、朝から38.5度を超える熱でお休み。
とりあえず行きつけの病院にパパに連れて行ってもらう。
高熱と腹痛を訴える。じつは、2月12日に子宮がん健診を受けていて、そっちからの
疑いもあるので婦人科を受診しろと言われて、一先ず
風邪薬をもらって帰る。

同日夕方・・・パパがおかゆを作ってくれた。
が、その間ママはお腹が痛くてベッドをのた打ち回り・・・
おかゆが出来たころには最高潮に具合が悪かった・・・
見かねたパパが救急車を呼び、お世話になる事に。
39度を超える熱と、88・55の低血圧に、腹痛。
産婦人科と胃腸科のある病院を転送してもらって、
最終的に点滴をして入院を断って帰宅・・・

2月15日近所の総合病院に行く。
ウイルス性胃腸炎」と診断。


救急車に初めて乗りました車(RV)
至れり尽くせりで、救急隊のなんて親切な事・・・黒ハート

それに比べて、救急医療の現場は最悪がく〜(落胆した顔)
あれじゃぁ救急医療が問題になるのがよーーーーくわかるたらーっ(汗)
最悪だ。

そして、婦人科系の救急で25件たらいまわしの現実が
目の当たりにして良く解ったあせあせ(飛び散る汗)
本当に酷いんだって救急隊の人も言ってた。

結局、子宮がん健診を受けた婦人科に最初に送ってもらったが、
そこは元々救急は受け付けていないので救急対応がわからないのか
救急車も救急隊も転送のために待ってるのに、一般患者と一緒に
待たされたexclamation&question どーいうことexclamation&question

2件目の総合病院で胃腸を見てもらった病院では点滴を受けた
おかげで翌日には熱も引き大分楽にはなったが、
胃腸炎だって言っておいて、薬の1つも出してくれず、
「昼間じゃないと検査は出来ないから入院するか、明日自分で
病院に行って。」

と言われた。

結局、子宮がん健診の結果は問題なかった。
と言う事実と、
解熱剤と抗生剤と痛み止めの点滴を受けた。
という結果。
胃腸炎だったからいいようなもんだけど、腹膜炎だったらどうなのexclamation&question

しかも、2件目の総合病院の医者たちの会話。
事務員「救急受入要請です。熱が出てこん睡状態らしく、問いかけても起きる
    気配が無いので脳性麻痺になってないか家族からです。」
看護士「それは声掛けたら返事はするの?」
事務員「返事はするけど起きないそうです。」
看護士「(笑)それ寝てるだけでしょう」
医者 「(笑)そりゃぁ寝てるんだよ(笑)ベッドが空いてないから
    他に回してくれる」
事務員「わかりました」

それって・・・
家族は脳性麻痺が心配で救急車呼んだのに見もせずに転送?
しかもさ、さっき私に入院したら?っていったんだからベッド
あいてるじゃん!私断ったんだから!
ちょっとぉ?がく〜(落胆した顔)

なんともいえない会話を耳にしましたちっ(怒った顔)

ちなみに、意識のある私は、救急車の無線で自分より状態の
悪そうな人に救急車の要請がある無線を聞いて、
「私より、そっちの人の方が救急車必要・・・」
と、自分も動けないのに心の中で思いましたわーい(嬉しい顔)
救急車はなるべく使わないようにしましょう黒ハート


さて、バレンタインデーに何故かおかゆを作る羽目になったパパ。
チョコはいつあげましょうかねぇわーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)




.










posted by ママ at 12:09| ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。