2009年07月25日

おしろいばな

まりりん、小学生になってお花を育てています。

自宅の庭でそだててるコスモスにどうやら虫みたいで
最近はママが奮闘中exclamation×2虫といってもアブラムシみたいに目に見えるもの
ではなく、かえってやっかいです。

さて、まりりん、学校でも自分でおしろいばなを育てています。
夏休みに入ってもって帰ってきました〜

20090725oshiroi.jpg

ちいさっあせあせ(飛び散る汗)

exclamation&question うちのベランダガーデンのオシロイバナはコスモスの虫にも負けず
結構でかいのに・・・

土の栄養が違うとこんなに違うのか・・・と栄養剤をあげながら
これまたママがまた奮闘exclamation×2


ところで・・・・

美談です(笑)



まりりんのオシロイバナは芽が3本生えて順調に成長。
クラスの中には結局何も芽が育たない子がいて、先生が誰か分けてくれないかな?かわいい

と言ってみた所、まりりんがあげたそうですグッド(上向き矢印)


へぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜がく〜(落胆した顔)


なんて美談ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)


ママ「まりりん偉かったねぇ〜黒ハートよく分けてあげたね〜ハートたち(複数ハート)
まり「でもさちっ(怒った顔)、先生まりりんが大事にしてた一番大きいのを
   あげちゃったんだよちっ(怒った顔) あれはいやだったちっ(怒った顔)


び・・・美談じゃないんだ失恋



ママ「・・・でもさ、お友達きっととっても喜んだでしょ?」
まり「まあね。」
ママ「じゃぁよかったじゃない?お友達のオシロイバナもお花が咲くといいねかわいい
まり「咲いたら返してもらう」

ママ「そうじゃないよたらーっ(汗)  ・・・うんぬんかんぬん」


頭で言い悪いを判断するのではなく心で感じさせるっていうのはなかなか難しく。。。
でも、まりりんはそうやって話をして理解してきた事は今でもパーフェクト。
なのでまりりんが理解できるチャンスは逃したくないexclamation×2


と、おしろい花にひとつ教えてもらったまりりんでしたわーい(嬉しい顔)


.


posted by ママ at 09:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。