2011年01月25日

誤診

行ってきましたよ。別の病院。
結果から言うと入院です。


ですが、誤診であったことが発覚がく〜(落胆した顔)

意味が解らんexclamation&questionったく。


「もやもや病」ではないそうです。

医「MRIの結果から言うとこの状態でもやもや病だと診断するのは間違ってる
  これはもやもや病ではありません」
医「脳梗塞もまだ認められません。
  ですが、こことここ(左右の同じ場所)の血管が見えないくらい細い。
  ココが詰まったりするとこの先(右)は運動神経なので、
  今回右半身が麻痺したのと同じで一生半身不随になることは確定です。
  更にこっち(左)は視神経と言葉。目が見えなくなったり話せなくなります
  両方つまったら、何も出来ません。なぜならこの血管が脳の細部に血を
  送る重要な血管だからですね。」

  これでも大分省略。


医「入院をお勧めします。別に明日でもよいですが、
  先ずは、点滴で血液を薄めて脳の端まで血が回るようにしましょう。
  とにかく早めにカテーテルで血管造影剤をいれ、この先どうするかは
  精密検査の結果決めましょう。
  今すぐ手術をするかどうかはそれからですね。
  今までの麻痺が一過性で、元に戻ったのが幸いです。
  一度麻痺が戻らなくなたらそれはこれから先一生麻痺は残ります」



ママ「今すぐにゅーいんさせてください〜〜〜exclamation×2exclamation×2もうやだ〜(悲しい顔)



病名も今はなんとも付いていません。
血管が細ーーーーーーーーーーーーーーーーーくなっていて
他に要因があるのかもわからない常態。

名づけて、「脳梗塞3秒前」



明日、カテーテルをやることになりました。
今日はまたその説明会があります。



やっぱり、それなりに重大な病名を言われたときや、
明らかに体調がおかしいのにたいした治療がないときは、

迷うことなくセカンドオピニオンを聞きに行ってくださいグッド(上向き矢印)


「大丈夫だよ」は命取り。




.













 





posted by ママ at 10:57| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。