2011年04月21日

F22 ステルス戦闘機

昨日、グランパがテレビを見ながら

「うわっ!こりゃ凄い!1飛行機2飛行機3飛行機4飛行機5飛行機6飛行機7飛行機8飛行機9・・

 こんなに沖縄に来てるのか〜〜〜わーい(嬉しい顔)黒ハートグッド(上向き矢印)


といい始めた。


グランパ、つまり家の父は、飛行機オタ。


趣味と実益が多少はあいまって、現役時代はボーイング社とやり取りをして

新型旅客機やら、なんやらを色々やってたわーい(嬉しい顔)


ある意味うらやましい限りだ。



んでだ、その父ちゃんの興味を引いたニュースに写っていたのがこいつ。

ロッキードとボーイングの共同開発。世界初のステルス戦闘機。

123917964049516116085.jpg


父の熱弁をお伝えしよう(笑)

このF22は、高度なステルス戦闘機で、相手のレーダーに絶対に映ることなく

相手を先に爆撃することが出来るのだ。

つまり、相手はまったく気がつかないまま狙撃される手(チョキ)

さらに、相手からの攻撃はいち早く察知して絶対に回避できるのだぴかぴか(新しい)

いわば、物凄い武装をした透明人間。



この開発力が物凄いらしく、日本もこのF22を欲しがった。

しかし、アメリカは売ってくれなかった。

なぜなら日本に技術がばれてしまうからだ。



このステルス戦闘機がこんなに沢山日本に集結しているなんて何事なんだexclamation×2


と、ニュースの本題に気がついたときはニュースは終わっていた。

被災している日本を他国からの攻撃にそなえて守っているのか?

はたまた沖縄基地を基点にリビアに飛ぶのか・・・


それはわからない。



わかったのは、F22が1機 300億円する。

ということだがく〜(落胆した顔)


3600億円くらいが、いま沖縄上空を飛んでいる。




トップガンの世界(笑)わーい(嬉しい顔)


乗れるチャンスがあれば ママは実は戦闘機に乗ってみたい。

グランマは、絶対に興味ないはず。そしてグランパの世界観にはついていけんふらふら



だけど、人には何かしらオタクな世界観ってあるでしょ。


グランパが飛行機飛行機語る時と、

まりりんのパパがゴルフゴルフ語るときと、

グランマが琵琶演劇を語る時と、



みな、同じ顔で一生懸命楽しそうに話をしてくれるわーい(嬉しい顔)




.














posted by ママ at 13:36| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。