2008年12月01日

クラブへGO

ホストクラブではありません。
日本がディスコといわれる時代から「クラブ」といわれるようになり
初めてクラブに行きました。

というのも、今更日本でガキの集うクラブなんていけっかバッド(下向き矢印)
と、日本のクラブを「ムリ」と決め付けてます。
この度、さっさんママの弟君がイベント立てることになり、
ママさんお墨付きの弟の友人が歌う事になったので、さそってくれたんですハートたち(複数ハート)

club2.jpg

客も皆仲間内ってことで遠慮なく〜〜〜〜夜遊びぴかぴか(新しい)

この弟の友人というのがRis-Kなんですが、確かにウマいカラオケ
彼は、小学生からずーっと親の仕事の関係でアメリカに育った日本人です。
だから、日本語より英語の方が母国語グッド(上向き矢印)
ちょーっと、その才能どこかで生かせるでしょダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

club3.jpg

ママのディスコデビューは中学生。
逆に社会人になってから行かなくなり・・・
留学してからガッツリ本場アメリカ地方で「クラブ」に通う。
アメリカ人のクラブの常識と日本人のクラブの常識は全然ちがう。

でもまぁ、とにかく久々に大音響でガンガン音楽聴いて
気持ちよかった〜ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
でも、日本じゃやっぱりこんなことでない限りはクラブいけないネェ。
この年になっちゃったしねわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
日本人の子は何割くらいが音楽が好きでクラブに来てるかネェ?

club1.jpg

初公開exclamation×2さっさんママこと、あいぴょんです手(チョキ)

次は彼女をbluenote東京に連れて行きたいなぁ。
ブルーノートはジャズクラブですよ。
ママは、本場NYのbluenoteには住んでる間にもちろん行ってきましたよどんっ(衝撃)
次は日本のブルーノートへカラオケ
http://www.bluenote.co.jp/jp/index.html

彼女は音楽ある意味ノンジャンル。つまりその辺も私に似てる。
私もノンジャンルなので、かなり広い範囲で音楽は楽しめる。るんるん
但し、こだわりも無いのだけどわーい(嬉しい顔)

また1つ共通の趣味見つけたひらめき


.









posted by ママ at 10:40| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。