2009年11月11日

着物を着る

日本の伝統でなくなってはいけないのでは?と思うものの一つが着物ブティック

昨日、七五三のネタを書きましたが、
まりりんの着物はママが7歳のときに着たもの。帯も着物も当時のまま
グランマとひぃばぁが大事に保管してくれてた。

20091111kimono1.jpg

小物はまりりん様に新しくそろえました。ママのときの小物までは
取っていなかったようなので・・・

着物のいいところは、世代を超えて受け継げるということ。
ただし、現代には小難しいくらいの手入れと手間が必須あせあせ(飛び散る汗)

最近の着物は絹ではなくポリで出来ているらしい。
普通にクリーニングできるんだってがく〜(落胆した顔)まりりんのは、正絹ですよ勿論ひらめき

20091111kimono3.jpg

着物の良し悪しのわからないママでも周りの子供たちと比べてこの着物がドンだけいいものなのか一目瞭然。写真だと光沢や色見が解りにくいのが残念だけど、当時ひぃばぁやグランマががんばったことが伺えるわーい(嬉しい顔)いつかまりりんにも解ってもらえるだろうかグッド(上向き矢印)

20091111kimono2.jpg

帯も一本帯なので、最初から形になってる帯をくっつけたものとは全然違う。
最近は浴衣だけじゃなくて着物の帯までつくり帯が多いらしいバッド(下向き矢印)


おまけに、ママの着物・・・
20091111kimono5.jpg

紋入り作家物の「辻が花」一竹でこそありませんが、なんて綺麗な・・・ぴかぴか(新しい)
この着物はばぁば(お姑さん)から頂きましたるんるん
こんないいもの・・・いつか自分で着れる様にならなくてはもったいないキスマーク

20091111kimono4.jpg

こちらも「辻が花」の帯。これは、グランマから借りました。
変形結びにしてもらってばばくさいお太鼓はちょっと遠慮(笑)

まさに母と義母から受け継いで1人分でするんるん

20091111kimono6.jpg

とっても綺麗な色と柄に、着てるものだけはその辺のどのお母さんにも負けないexclamation×2exclamation×2
意外と7歳のお母さんは着物を着てる人多かったです。
やっぱり皆考えることは一緒で、今着なかったら親も着る機会が無いもんねわーい(嬉しい顔)

まりりんが中学生くらいになったら着付け教室通おうかと思って・・・
着れるようになっても問題は手入れよね・・・




.



posted by ママ at 10:17| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。