2007年07月09日

花魁(おいらん)

今週のお花は・・・
花魁草(おいらんそう)

flower07061.jpg  flower07062.jpg

花魁って言葉のイメージ通りとても妖艶で華やかな花です。
満開に咲いてる花魁は、どこの角度から見ても抜かりなく
必ずお花の形に見えます。かわいい

この花は18世紀中頃にアメリカからヨーロッパに渡り、
向こうで淑女としての教育をみっちり受けて更なる華やかさを
身につけて行った。その一群が20世紀始め頃、
日本に渡って来たものの、当時の日本にはその美しさを的確に
表現する言葉がまだ無かった。
そこで当時まだ健在だった遊郭の美の象徴、華やかに咲く様子を
花魁の姿に見たてたもの、
あるいは花の香りが花魁の白粉に似ていることによる。

のだそうです。わーい(嬉しい顔)
その割りに、花ははかなくて、触れてしまうとまだ枯れない
うちからポトポト落ちてしまいます。

なんだか意味深ですねぇ黒ハート




posted by ママ at 10:42| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
花魁草というのがあるのですね。
淑女としての教育をみっちり受けた
お花。「マイフェアレディー」とでも
名付けたくなっちゃいますね。
なんとなくあの映画でヘップバーンや
上流階級の女性が着てたドレスっぽい。
下部のピンクのフリフリが華やかですね。
あの時代の日本では遊郭の花魁としか
例えようがなかったのでしょうね。
勉強になりました〜!
Posted by にゃんこ at 2007年07月10日 12:47
マイフェアレディー!
その言葉がぴったりじゃない〜♪
さすが、にゃんこさん!

そうなんです!言われてみればその当時の日本は、華やかなイメージというとそういう場所のイメージが確かに強かったし、本当に華やかな世界でしたもんね!
花魁道中なんて本当に当時の華でした〜!
Posted by ままりん at 2007年07月10日 16:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。